認知症ケアは大変|認知症ケアで求められる事BEST

NOW TOPICS

認知症ケアは大変

認知症のケアというのは?どういうことなのか。

完全ではないだけに

認知症のケアはとても大変なものです。
なぜ大変なのかと言えばいろいろと理由があるのですが、一つだけ知っておかなければならない事と言えば、認知症はまだまだ解明されていない点が多いという点。
さらには本人よりもむしろ周囲の人間の方がいろいろと気を使わなければならない事が多いという点です。
患者本人は忘れてしまったがために、ケロっとしていたりするものの、周囲は覚えています。
このギャップこそが認知症ケアに於いてもっとも大変な部分とされているのです。
患者から思わぬ形で罵倒されたり、あるいは叱責されたりといった事もあるでしょう。
言われた側からすれば腹立たしいと思うものですが、患者はそれを忘れてしまっている事すらあるのです。
そのため、両者の意識がなかなか埋まらなかったり、コミュニケーションがままならない事も多々あるのです。
そこでです。
認知症ケアはどのような事に気をつければ良いのか。

ケアの方向性は不完全

どのような形でケアを行っていくのが良いのかをまとめてみたいと思います。
まだまだ完全に解明された訳では無いとお話しましたが、ケアに於いては「こうすべきなのではないか」といった方向性のようなものは確立されています。
もちろん患者の性格もしっかりと考慮しなければならないのは言うまでもありませんが、性格を考慮した上でどのようなケアが必要になってくるのか。
周囲の人間の方が大変とされていますが、大変だからといって投出してしまったら認知症患者はどうする事も出来なくなってしまうのです。
その点をしっかりと理解しておかなければならないのは言うまでもありませんが、具体的にどのような 認知症 ケアを心掛けるべきなのか。
いくつか見てみましょう。
まずは知識として知っておきましょう。

Copyright (c) 2014認知症ケアで求められる事BEST.